記録的猛暑が続く2004年夏。
 奇しくも管直人さんが四国に上陸した7月15日、我らが『勝手に観光協会』も高知龍馬空港に視察の第一歩を踏み入れたのでした。あちらはお遍路ファッションで室戸岬を目指すそうですが、こちらはオリンピックイヤーにちなんだポロシャツにワッペンという夏用のユニフォームで土佐の秘密にせまります。

 坂本龍馬33年の生涯をロウ人形で再現した「龍馬歴史館」は、山口県の「吉田松陰記念館」や岩手県の「夢館」などなど、各地のロウ人形館を視察してきたふたりでさえ、度肝を抜かれました。みなさんも高知県に行ったら必見ですよ!

  そして日本の三大鍾乳洞のひとつ「龍河洞」では土佐闘犬の置物を購入。
(名前はペス↓)
 アンパンマンのキャラクターたちと出会える香北町や室戸岬を視察して1日目は終了。

 晩ご飯はおいしい「かつおのたたき」をと思っていたら、あいにく売り切れだったので、われわれは「なすのたたき」で我慢しました。

  翌日、安芸市の視察を終えてから、桂浜や日本三大“がっかり名所”のひとつ「はりまや橋」をなどを視察し、リョカ録の舞台「筆山荘」にチェックインしました。
 聴いてください『恋のタイフーン』!!

*P.S. 今年高知を通過する台風が多く、リョカ録の舞台になった「筆山荘」も浸水被害にあったそうです。高知県の方々にはお見舞い申し上げます。
ダウンロードページへダウンロードページへ